岐阜を流れる長良川の北側に一戸建てを作る

  • 自然豊かな岐阜の北部地域で一戸建てを作る

    • 岐阜の北部地域は自然環境が素晴らしいために、一戸建てを作る場合にも適しています。
      この場所は長良川に属する支流の流域となる場所で、北側へ行くほどに標高が高くなる特徴があります。

      この地域の景色には多様な変化がありますが、山が近い場所であっても比較的に平坦な環境になっていますので、一戸建てを作るためにも適しています。



      岐阜の郊外として宅地が各所に作られ、自然豊かな環境で多くの世帯が暮らしています。

      この地域では国道256号線が南北に通過し、鳥羽川が眉山の東側で流れることも特徴になっています。鳥羽川に沿う形になる山々は残丘のような状態になっていますから、周辺の平野からは特に目立ちます。


      この場所では田畑と宅地がバランス良い形で配置されており、実際に住む場合には水と緑が豊かな環境を実感しやすくなっているのです。

      鳥羽川の近くで暮らすことになれば、秋には収穫の風景を間近に眺めながら、散歩やサイクリングなどを楽しむことができます。眉山の西側については、谷底のような地形が特徴で、山に囲まれた細長い平野に田畑と宅地があります。



      岐阜の北部地域の中でも、里山の自然風景が眺められる場所となるため、一戸建てを作る場合においても魅力的になります。

      この場所に一戸建てを作ることによって、秋には紅葉の景色を眺めながら生活を楽しむことができます。


      さらに、春の時期には周辺で桜の景色を眺めながら、里山に流れる温かい風を実感できるのも嬉しいことです。



top